HOME > ブログ > 大丈夫を積み重ねて自信をつける「ほめ方」

ブログ

< 申年、積極的に行動する年  |  一覧へ戻る  |  春期講習会「大丈夫を積み重ねて自信をつける 」 >

大丈夫を積み重ねて自信をつける「ほめ方」

「子供は褒めて育てる」ことがいい、と誰もが知っています。
親になったときにそう決心する人も多いと思います。

子供を褒めるとき、どんな言葉をかけていますか?

「よくできたね」と何かをやり遂げた結果だけを褒めていませんか?
確かにそれも大切です。しかし、結果だけを褒めてばかりいると、
子供は褒められること、いい子であり続けることが大事だと思い込み、
そうすると褒められた結果だけに固執するようになります。

「よく頑張ったね~」「これができるようになってすごいな~」
と頑張った過程をよく見て褒めることが大切です。

つまり、子供が自分の行動や体験を褒められたとわかるように褒めて
あげる。そうすると、子供は親が見ていてくれると安心し、自分自身の
行動を意識するようになります。

先日面談したお母様が
「褒めたくても、うちの子、褒めるところがないんです」とおっしゃいました。
毎日の生活の中で当たり前に思っていることの中に必ずあるはずです。
人と比べたりしないでその子をよく見てあげてください。
だんだん大きくなるとついつい他の子と比べて、親自身が結果ばかりを
求めているような気がします。

認められたこと、受け入れられることを子供は喜び、自信をつけていきます。
その積み重ねが子供の心の成長につながります。
できるできないにこだわらず、
その子自身の頑張っているその努力を褒めてあげて下さい。

images (1).jpg

< 申年、積極的に行動する年  |  一覧へ戻る  |  春期講習会「大丈夫を積み重ねて自信をつける 」 >

このページのトップへ