HOME > よくある質問

よくある質問

幼稚園に通い始めた頃から落ち着きがなく、集中して物事に取り組むことができません。
絶えずしゃべり、こだわりが強いのでお友達とのトラブルも多く、学校からのご注意も度々あり親子関係は悪くなるばかりです。
息子は、発達障害でしょうか?私の育て方がわるかったのでしょうか?

発達障害の疑いかもしれないとご心配であれば一度専門の医療機関で発達検査を受けることをお勧めします。
そして、お母様お1人で抱え込まないで、ご相談ください。

早いうちからの働きかけで「できないこと」を「できること」に変え、伸ばすこができます。
成長の過程で、社会で生きやすくなる技術を身につけていくことが大切です。
ご家庭では、ガミガミ叱らず注意する回数を減らし、ゆっくり穏やかな話し方をするように心がけて下さい。

娘は、友達からのいじめが原因で不登校気味です。
小児科医から広汎性発達障害の疑いがあると言われました。
これからどのように子育てをしたらよいのか悩んでいます。

まずは、専門の医療機関できちんと発達検査を受けることをお勧めします。

お1人で悩まず、周囲の支援を求められるようにしましょう。
子どもの将来を支えるのは、ご両親だということ忘れないで下さい。
中には、「成長すれば何とかなる」と受け入れず、社会に出る時期になり、厳しい現実を知り、受け入れざるえない方もいます。
親が発達障害と向き合う決意をすると、子どもとその子を取り巻く社会と関わり合う中で子どもは変わっていきます。
その子に合った育ちをすればいいのだと思います。

発達障害を持つ母親が心がけることはどのようなことでしょうか?

当たり前のことが、あたりまえにできればいいと思います。

あいさつができる。
ありがとうが言える。
朝の支度や準備、後片付けができる。
自分の仕事を最後まで頑張る。

生活面で自分のことは自分でする、発達障害であろうがなかろうが、あたりまえのことがあたりまえにできる社会性を身につけることが大切です。
ただその子に合ったリズムとやり方で根気よく働きかけることを心がけて下さい。

それから、もう1つ、「自己肯定感」を持たせること。
「自己肯定感」を持たせるには、その子のそのままを受け止めることから始まります。愛されている実感を持たせることですね。

このページのトップへ